TOP

医療機器管理システム(ME機器管理システム) CEME Web の柔軟な点検周期

柔軟な点検周期について

医療機器(ME機器)を安全に利用するために定期点検や定期メンテナンス(PMなど)を実施することが必要です。
各メーカーから販売されている医療機器(ME機器)には点検周期はさまざまな周期があります。それらの点検周期を管理し、適切な時期に点検を実施することが、医療機器(ME機器)の安全利用につながります。

点検周期が「年」「月」「日」単位であれば単純に全ての周期を日数換算できるため、次回の予定実施日を算出することは難しくありません。
点検周期が「動作時間」単位の場合、動作時間を毎日システムに入力できれば正しい次回の予定実施日を算出できますが、現実の運用では、医療機器(ME機器)の動作時間を毎日システムに入力することは不可能です。

CEME Webでは「動作時間」の平均を日数換算することで、次回の予定実施日をできるだけ正確に算出できる機能を提供しております。
1日の「動作時間」を24時間で換算して次回の予定実施日を算出する事は正確な予定実施日とはいえず、間違った予定実施日ごとに定期点検や定期メンテナンスをすることは、時間と費用を無駄にすることになってしまいます。
また、点検周期に「動作時間」を用いることで本当に必要な時期に定期点検や定期メンテナンスが行えるため、安全性を確保し、最小限の時間と費用で運用できます。

柔軟な点検周期

選択が可能な点検周期は「毎回」「日」「月」「年」「時間(動作時間)」の5種類です。

柔軟な点検周期

柔軟な点検種類

登録でき点検数は無制限で必要な点検は全て登録できます。
点検の種別として「日常点検」「定期点検」「予防保全」など、種別を分けて管理できます。

柔軟な点検種類
株式会社 楓(フォン) ©2016 Feng Co., Ltd.