TOP

医療機器管理システム(ME機器管理システム) CEME Web の修理状況分析

修理状況分析について

医療機器管理システムを導入することによる、大きなメリットとして、運用している医療機器(ME機器)の型式変更のタイミングや型式ごとの故障頻度を正確につかむことができます。

医療機器(ME機器)は高価なものです。なかなか買い替えのタイミングがつかめず、メーカーから提示される保守終了時期や部品供給終了時期、または、耐用年数を買い替え時期の目安としている事が多いのではないでしょうか。
実際に運用してみると、運用年数が経過する従い、故障の頻度が多くなってきます。故障のたびに修理を実施していると修理にかかる費用が増えていきますが、累計修理費用と新規購入費用との比較は行われていますでしょうか。
長く使うことがコスト節減につながることもありますが、データを比較して客観的に費用の分析を行うことがコスト節減には非常に大切です。

CEME Webでは実際の運用で発生した故障や修理費用をもとにして、今後発生する修理費用の算出ができる分析機能を提供しています。
たとえば、運用開始から何年目に修理件数が増えていくか、修理金額がどのくらい増加する傾向にあるかを型式ごとにグラフと時系列で確認できます。
運用開始時期が異なる場合でも表示されるデータは運用年数に合わせて表示されるため、修理件数や修理金額の増加傾向を簡単に把握できます。

修理状況分析

運用年数に応じた修理件数や修理費用の状況をすぐに把握できます。
グラフ表示と明細表示ができるため、グラフ表示で全体傾向を把握し、明細表示で詳細な状況を確認するといった活用ができます。
最終的に医療機器の運用を継続し修理を行うか、新規に購入するかの目安として活用できます。
さらに、型式ごとに比較できるため、新規購入する場合、どの型式を購入することが最も運用コストを節減できるかの判断材料としても活用できます。

■修理状況分析のグラフ表示
修理状況分析のグラフ
■修理状況分析の明細表示
修理状況分析の明細
株式会社 楓(フォン) ©2016 Feng Co., Ltd.