CEME(シー・イー・エム・イー)

CEMEの名前の由来は「Clinical Engineer」の略称「CE」と「Medical Engineer」の略称「ME」を掛け合わせたものであり、CEMEロゴマーク

CEMEの目的は、臨床工学技士の業務の一つであるME機器管理業務である、貸出返却・所在管理・点検管理・故障管理・修理管理などを安全に、かつ効率的に行うシステムを提供する事です。

ME機器の適正配置だけでなく、ME機器を利用されている患者様に、安全に使用していくための、必須のシステムとなるように、常に改善し、進化していくシステムであり、病床数に関わらず、多くの施設にご利用いただけるよう様々なプランを提供しています。

CEMEは2009年医療法改正に伴い、株式会社フォンよりクライアントサーバータイプのソフトウェア「CEME Pro」という名称で販売されました。

その後2015年に時代の流れに合わせて、「CEME Pro」を全面改良し、ウェブタイプのME機器管理システム「CEME Web」へと生まれ変わりました。

ウェブタイプの特徴として、院内ネットワーク上での運用が可能となり、電子カルテ端末を利用してウェブブラウザから「CEME Web」を利用できるため、導入時における端末購入が不要となります。

また、クラウドでのサービスも行っており、院内サーバーの購入が難しい等の問題を解決し、低価格でクラウドサービスとしてご利用いただくことも可能となりました。

CEMEはさらなる発展に向けて、随時機能改良に取り組んでまいります。

今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

株式会社フォン CEME開発グループ

お気軽にお問い合わせください。079-283-0285電話受付時間:9:00~12:00、13:00~17:30 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。