機器カルテについて

人が病気になり病院を受診するとカルテに診断内容が記載されていきます。
ME機器も人とおなじように購入から廃棄までの間に実施した全ての作業を記録していくことで、故障や不具合を未然に防ぐための手段を見つけることができます。

CEME Web ではME機器1台ごとに機器カルテを持っており、貸出返却履歴や故障履歴、点検履歴など全ての作業履歴を記録します。
作業履歴を各作業単位(貸出返却・点検・故障など)で管理するだけではなく、時系列に作業履歴を見ることもできるため、故障が発生するまでの作業履歴や、ME機器が紛失した場合は、紛失する直前の運用状況をすぐに確認することにより、迅速な対応ができます。
また、添付文書や取扱説明書を閲覧したいときにも機器カルテは機器に貼付されているバーコードを読取るだけで簡単に参照できるため、すぐに必要な書類を確認できます。
機器カルテを見ることで機器に関する情報を全て確認できるため、さまざまな運用に活用できます。

機器カルテの最新情報

医療機器の最新情報として、次回点検予定日や修理依頼内容、現在の機器の状態など、機器カルテ参照時の最新情報がリアルタイムで確認できます。

機器カルテの最新情報

機器カルテの機器履歴

医療機器に対する全ての作業や運用履歴を時系列で確認できます。
時系列で確認することにより、どのような運用がされてきたのかを簡単に把握できます。

機器カルテの機器履歴

機器カルテの機器情報

医療機器の基本情報として機器名称やJANコード、薬事法に関する情報、電源に関する情報、各種点検に関する情報など、基本情報を全て確認できます。

機器カルテの機器情報

機器カルテの運用情報

医療機器の運用情報として「貸出返却」「修理依頼」「故障」「点検修理」「研修」の各情報を時系列で全て確認できます。
「点検修理」の情報から新規に点検を実施することも可能です。

機器カルテの運用情報

機器カルテの記録情報

医療機器ごとに備考を記録したい場合に活用できます。
たとえば周波数など機器ごとに記録する必要があり都度変更が発生する情報を簡単に記録できます。

機器カルテの記録情報

機器カルテのセット情報

複数の医療機器を組み合わせて使用する場合に、事前にセット情報に登録しておくことで貸出返却時にセットされた1台の医療機器を読み込むことでセットされたすべての医療機器を操作できます。

機器カルテのセット情報

機器カルテからの点検修理

点検やメンテナンスを行う場合に、機器カルテから簡単に実施できます。
たとえば点検実施後に備考に追加したい場合など、すぐに点検記録を呼び出すことができます。

機器カルテからの点検修理

機器カルテからのラベル印刷報

機器カルテ画面から管理番号バーコードラベルを印刷できます。
点検時などに医療機器に貼付されているバーコードが認識しにくい場合に、新しいバーコードラベルを印刷する場合に活用できます。

機器カルテからのラベル印刷報

何ができるか

お気軽にお問い合わせください。079-283-0285電話受付時間:9:00~12:00、13:00~17:30 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

シンプルで使いやすいME機器管理システム CEME Web

ME機器管理システム CEME Web の製品カタログをダウンロード頂けます。
ご提案書等の資料請求が必要な場合は「お問い合わせ」よりお申し付けください。