メニューの使い方

ME機器管理業務の中でメニューページの使い方は非常に大切です。
運用に合わせてメニューページの内容を変更したり、点検予定の到来を知らせたり、機器を素早く検索したりと、さまざまな用途を持っておく必要があります。
CEMEではこれらの要件をすべて備えたレイアウト構成を提供するとともに、個別のご要望に合わせて可能な限り無償カスタマイズを行っています。

標準的なメニューの使い方


標準で設定されているメニューです。
CEME Webの各種操作をすべてこのメニューから行えます。

貸出返却を中心としたメニューの使い方


貸出返却を借用者や返却者に直接操作させず、メモ書きやCEME Webの貸出票での運用をする場合に便利な貸出返却をすぐに操作できるメニューです。
CEME Webの各種操作は「簡易メニュー」から行います。
ログインすると常に貸出返却ができる状態になっています。

メニューの個別説明

CEME Webのメニューにはいくつかの機能が備わっています。
ここでは、頻繁に使用する機能を中心に説明していきます。

機器検索


バーコード運用している場合、バーコードを読取ればすぐに機器カルテを閲覧できます。
常にフォーカスされているため、すぐにバーコードの読み取りができます。
バーコード読取後、自動で検索が行われて、対象機器の機器カルテが表示されます。

作業予定の案内


病棟からの修理依頼、故障機器の一覧、返却後に未点検の機器(点検待ち)の一覧、点検予定を超過した機器の一覧、点検や修理の全履歴、研修の履歴など、作業に必要な情報をすべて表示しています。
各タブの数字が今実施しないといけない作業の件数となります。
基本的には「点検修理依頼」は病棟からの修理依頼の為、早期対応が必要です。
「点検待ち」は返却された機器が使用前点検されていない状態であるため、できるだけ早くに使用前点検を行う必要があります。
「点検予定」は定期点検の予定日が過ぎた機器と予定日が近くなった機器の件数なので、早期対応が必要です。

標準メニュー


機能別のメニューを大きなボタンで表示しています。

簡易メニュー


標準メニューの場合でも「簡易メニュー」から同じ操作が行えます。


貸出返却メニューで運用する場合は、CEME Webの各機能への移動は「簡易メニュー」から行います。

 

CEMEメモ

  • メニューの選択(標準 or 貸出返却)はシステム環境変数から簡単に変更できます。
  • メニューの選択(標準 or 貸出返却)は利用端末別に設定できません。

 

ME機器管理システム CEME Web の最新情報をお届けします

運営者

CEME開発グループ
CEME開発グループ
CEME開発グループです。
CEMEに関する最新情報やバージョンアップの案内など、ME機器管理に関する情報をお届けします。

シンプルで使いやすいME機器管理システム CEME Web

ME機器管理システム CEME Web の製品カタログをダウンロード頂けます。
ご提案書等の資料請求が必要な場合は「お問い合わせ」よりお申し付けください。